平内町


夏泊大島

 夏泊最北の地にあるひょうたんのような形の島。美しい自然景観に胸打たれた歴史上の旅人達が残した各々の詩が、歌碑として周辺に建立されています。夏泊崎の突端から島へ渡る橋があり、島の北部にある灯台までの散策路はちょっとした探検気分を味わえます。
 周辺には水遊び・キャンプが楽しめるスペースをはじめ、食堂、民宿もあり、海際ならではのレジャーを満喫出来ます。魚釣りにも適していて、多くの釣客が訪れます。


椿山

 夏泊半島の北端に小高いツバキ自生地帯「椿山」があります。海岸に面した傾斜地を中心に1万数千本のヤブツバキにおおわれ、4月下旬から6月上旬にかけて丘陵一帯に紅色の花を咲かせます。ヤブツバキは、ここ椿山を分布の北限としていることから「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。
 また、椿山沿いに浅瀬が広がっている椿山海岸は「日本の渚100選」に認定されている美しい海岸です。シャワーやトイレ、炊事場が整備され、春から秋にかけて海水浴やキャンプで人気のスポットです。


浅所海岸

 毎年10月頃から3月頃までシベリアから300羽を超える白鳥が渡来する名所です。海岸には国設小湊鳥獣保護区観察舎(平内白鳥観察所)、大型望遠鏡が2基、白鳥塚が設置されています。この辺りは「小湊のハクチョウおよびその渡来地」として国の特別天然記念物に指定されています。古くから地元民の熱心な保護があって白鳥は人々によく馴れ、警戒されることなく白鳥の姿を眺めたり写真を撮ったりできます。
※鳥インフルエンザの感染・蔓延防止のため、当面の間は白鳥その他の野鳥へのエサやりや直接接触の自粛にご理解、ご協力をお願いします。


夜越山森林公園

 スキー場やパークゴルフ場、ドッグランなどで体を動かしたり、芝生にシートを広げてのんびり過ごしたりと思い思いの楽しみ方ができるスポット。遊んだ後は、よごしやま温泉でリフレッシュ。家族連れや仲間同士でのご利用でも余裕の大浴場、広い館内で快適に過ごせます。
 公園内には東北最大級のサボテン園・洋ラン園があり、温室内に3,000余種のサボテンや多肉植物、洋ランを通年展示しています。毎年3月に開催される夜越山洋ランまつりは約150種、2,000鉢の洋ランを展示する一大イベントで遠方からも多くのファンが来場します。このほか、桜やつつじなど季節ごとに公園を彩る植栽も見どころの一つです。
 アウトドア派には、ケビンハウスやオートキャンプ場がおススメ。水回りや調理器具などの設備も充実しておりキャンプ初心者から本格志向の方まで満足できる環境を整えております。喧噪から離れ、満天の星空を眺めながらのバーベキューは極上です。


ホタテ一番(ひらないまるごとグルメ館)

 日本一の養殖ホタテガイにこだわったホタテ専門のおもてなしご当地レストラン。ご当地グルメ『平内ホタテ活御膳』を含む10種類のホタテづくしメニューで、旨みが濃くプリッと引き締まった平内産ホタテを存分に味わうことができます。ラーメンや焼きそば等の親しみやすいメニューからホタテの鉄板焼き付き寿司御膳といった贅沢な御馳走まで様々なラインナップを取り揃え、県内外のお客様に大変ご好評をいただいております。
 また、同じ敷地内にはホタテを中心とした青森県の魚介類と加工品の発信基地「ほたて広場」が隣接しています。活ホタテの地方発送も可能で、お土産やご贈答で喜ばれること間違いなしの自慢の特産品です。