青い森鉄道

あなたをつなぐ、「わ」の鉄道

手回り品について

 原則として、下記の条件を満たす物品は、駅や列車内に無料で持ち込むことが出来ます。

  • ご自身で携行するもの
  • 列車の安全運行の支障とならないもの
  • 縦、横、高さの和が250cm以内、重さ30kg以内のものを2個まで

 手回り品は、お客様がしっかりと管理下さいますようお願い致します。手回り品に関連するいかなる損害・不利益についても、弊社ではその責任を負いかねます。

 

手回り品の例

  • 身の回り品として携帯する傘、杖、かばん、キャリーバッグ等
  • 車椅子 (重さの制限を超えるものも可)
  • 解体または折り畳み出来る自転車 (専用の袋に収納したもの)
  • サーフボード等の大型スポーツ用品等 (専用の袋に収納したもの)
  • 補助犬 (身体障害者補助犬法に定める表示のあるもの)
  • 愛玩用小動物 (小型のゲージに収めたもの)

 

持込禁制品の例

 次に掲げる物品は、持込禁制品に該当するため、駅や列車内に持ち込むことは出来ません。

  • 危険品 (一定量を超える可燃性または引火性物質、高圧ガス、放射性物質、農薬等)
  • 暖炉、こん炉
  • 死体
  • 動物 (手回り品に該当するものを除く)
  • 不潔なもの、臭気を発するもの
  • 駅施設や車両を破損するおそれのあるもの
  • その他お客様の迷惑となるもの、危害を加えるおそれのあるもの

 

ご留意事項

  • 駅係員や乗務員が手回り品の内容点検を求めた際は、お手数でもご協力をお願い致します。内容点検に応じて頂けない場合は、駅施設及び列車のご利用をお断りする場合がございます。
  • 他社線に直通運転する一部列車において、他社線内まで乗り通す場合は、当該会社所定の手回り品料金をお支払い下さい。
    ・快速しもきた号で八戸駅から三沢駅までご利用の場合: 手回り品料金は不要
    ・快速しもきた号で八戸駅から大湊駅までご利用の場合: JR東日本に手回り品料金をお支払い

ページの先頭へ