青い森鉄道

あなたをつなぐ、「わ」の鉄道

青い森鉄道線について

 青い森鉄道線は、青森-岩手県境に近い目時~青森間の121.9kmの路線で、27の駅があります。もとはJR東北本線で、東北新幹線の延伸とともに移管され、平成14年12月1日に目時~八戸間が、平成22年12月4日に八戸~青森間が開業しました。

 路線の運営は「上下分離方式」を採用しています。「上下分離方式」とは、鉄道の車両 (「上」に該当する部分)を、第3セクターである青い森鉄道株式会社が保有して旅客の輸送を行い、鉄道のレール・駅舎・ホーム等の施設及び鉄道設備 (「下」に該当する部分)を青森県が保守管理する方式です。

 青い森鉄道の旅客列車は、上下合わせて1日93本(平成29年3月4日ダイヤ改正)運行し、いわて銀河鉄道線(盛岡~目時)、JR大湊線、JR奥羽本線、JR八戸線との直通運転も行っています。

青い森鉄道を走行する列車

青い森701系(普通列車)

青い森701系(普通列車)

最高速度 :110km/h
車体重量 :64.8t(1編成)

 

青い森703系(普通列車)

青い森703系(普通列車)

最高速度 :110km/h
車体重量 :74.4t(1編成)

 

EH500系(貨物列車)

EH500系(貨物列車)

最高速度 :110km/h

※写真提供 :JR貨物

 

並行在来線(目時・青森間)に係るこれまでの取組み

 JRの経営に対する過重な負担を避け、第二の国鉄は作らないということから、政府と与党の合意で、JRの経営分離についての同意が、新幹線建設の着工の条件として示されています。

平成2年12月24日
整備新幹線着工等についての政府・与党申合せ
建設着工する区間の並行在来線は、新幹線開業時にJRの経営から分離することを事前に確認することという条件が示されました。
平成3年7月9日
青森県知事から運輸省鉄道局長に対して八戸までの経営分離について回答
青森県は沿線市町村と協議を行い、新幹線の整備をする観点から、「経営分離もやむを得ない。」という結論に至り、八戸までの経営分離に同意する旨回答しました。
平成8年12月25日
整備新幹線の取り扱いについての政府与党合意
建設着工する区間の並行在来線については、従来どおり、新幹線開業時にJRの経営から分離することという条件が示されました。
平成10年1月14日
八戸以北の沿線市町村との協議のうえ、八戸・青森間の経営分離に同意する旨回答しました。分離同意の結果、東北新幹線は新青森までフル規格での着工となりました。
平成13年5月25日
青森県並行在来線鉄道会社設立準備会開催
青い森鉄道株式会社の設立総会を開催し、役員等を選任しました。
平13.5.30 設立登記
平成14年3月18日
青い森鉄道株式会社の第2種鉄道事業及び青森県の第3種鉄道事業に係る許可申請を国土交通大臣に提出しました。
平成14年5月28日
青い森鉄道株式会社の第2種鉄道事業に係る許可状及び青森県の第3種鉄道事業に係る許可状が国土交通大臣から交付されました。
平成14年12月1日
青い森鉄道線八戸~目時間が開業しました。
平成22年12月4日
青い森鉄道線青森~八戸間が開業しました。

並行在来線(目時・青森間)経営スキーム

青森県における並行在来線と上下分離方式

 青い森鉄道線開業前の東北本線「目時(県境)・青森間」の経営状況からすれば、線路等の設備に係る資本費の負担に耐えられる需要は見込めません。この区間 の経営は、JR東日本の経営時においても、JR東日本内部の企業内利益移転によって成り立っていたことから、地域公共交通として東北本線「目時(県境)・ 青森間」の鉄道輸送サービスを継続するために、徹底した経営合理化とともに、資本費負担軽減・経営リスク回避的上下分離方式を採用しました。

青森県における上下分離方式への適用について

(1) 並行在来線運営の基本的考え方

 東北本線「目時(県境)・青森間」における鉄道サービスの継続のため、上下分離を採用し、平成14年12月1日、目時・八戸間において一部開業をしています。
 本県の上下分離方式は、線路を保有する第三種営業部分を、整備新幹線の経済効果等に鑑みて、資本費負担に耐え得るよう県が担う一方、第二種営業部分につ いては、経営の効率化と多角的な収益性の確保の観点から、青い森鉄道(株)によって行うこととなっています(並行在来線対策青森県協議 会:H11.11.15 決定)。

(2) 第二種営業部分について

 第二種営業主体としての青い森鉄道(株)は、最大限の経営のスリム化のうえ、収益力、技術力、成長性等を確保し、地域振興にも資することが求められます。 事業を行うにあたっては、安全性を確保したうえで、民間企業の柔軟な経営感覚を活かし、経営の効率化と利用者の利便性の向上を目指します。

[旅客輸送事業部分]
 青い森鉄道(株)は、中核的事業として車両の保有・管理により旅客輸送を行います。その収入の中心となる旅客運賃については、青森県に納付すべき線路使用料の一部が東北新幹線青森開業までの間免除されることにより、「目時・八戸間」の運賃水準をJR運賃の1.49倍に設定しました。

[地域振興・生活関連事業部分]
 青い森鉄道(株)は、沿線住民等に対する生活利便サービスを提供する会社として、各種生活関連事業等の積極的導入を検討します。

(3) 第三種営業部分について

 第三種営業主体である県は、常に良好な状態で利用できるよう鉄道施設を管理しなければなりません。この場合、最大限の経費のスリム化を行うことが必要であることから、線路等の保守管理については、列車の安全運行を保つことを前提に外部委託を導入しました。
 この外部委託の主な財源は、線路使用料です。線路使用料は、青森県鉄道施設条例により、第二種鉄道事業者である青い森鉄道(株)及びJR貨物から、線路 及び電路保守に要する経費等を、旅客列車及び貨物列車に関する各比率(列車キロ、換算車両キロ、パンタキロ、修繕費)に応じて按分し徴収します。

ページの先頭へ